メニュー
  • トップページ
  • まむし堂の紹介
  • メニュー/料金
  • 初めての方へ
  • よくある質問
  • 体プチ情報
  • メニュー

お世話になったあの方へプレゼント

体プチ情報

第六回冬の冷え対策


 この時期多くの方が手足の冷えに悩まされています。
あまりの手足の冷たさに夜なかなか寝つけることが出来ないという人も多いはずです。頭痛や肩こりが悪化したり、風邪をひきやすくなったりして、疲労は貯まっていく一方。冷え性の原因はいくつかありますが、体の血液の流れが悪くなっていることとも大きく関わります。

 靴下をはかないと眠れないなんてお困りの方に、冷え性を改善して冷えを取るのにおススメのツボとマッサージ方法をご紹介します。


●陽池(ようち)
「陽」は陰陽の陽で手の甲をあらわします。 「池」は溜まるところという意味です。
つまり、病気の原因と考えられる邪気が溜まりやすいところであることを示してます。

場所:手首の中央より少し小指よりのところにあります。指先で手首の中央から小指の方へさわっていくと、少しくぼみがあるはずです。そこが陽池のツボです。

○刺激法

指先で3~5秒押して離し、3分程度続けます。
手の甲同士をこすり合わせても効果的です。




●三陰交(さんいんこう)
冷え性、生理不順など女性が抱える万病に効くツボ。特に冷え性には重要なツボです。


場所:内くるぶしの頂点から親指を除く指3から4本上の高さのところ。

○刺激法
押し方のコツは、親指でツボに当て、ほかの指はすねをつかんで安定させ、深いところまでギュ-っと押し込んでいき、5秒ほど押します。



●湧泉:(ゆうせん)
足の冷え性やむくみなど血やリンパ液など循環不良に効くツボです。
湧泉
場所:足の裏の土踏まずからやや指寄りで、指を曲げた時にできるくぼみの中にあります。

○刺激法
両手の親指を重ねて、湧泉を中心に足の裏全体を押したり揉んだりします。また床にゴルフボールを置き、足で踏んで転がすようにすると簡単にツボを刺激できます。


また、●夏の冷え対策でもありました【足湯】も効果的ですのでぜひ試してみてください。



体プチ情報バックナンバー
●第九回 梅雨時の不調
●第八回 目の疲れ
●第七回 花粉症による鼻づまり
●第六回 冬の冷え対策
●第五回 食欲の秋に注意する!
●第四回 夏バテ
●第三回 体の疲れ
●第二回 風邪予防対策
●第一回 夏の冷え対策
Copyright (C) mamushidou. All rights reserved.